スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

茶屋 夕顔。〈月花蜜の茶席〉

三島市の楽寿園で年に一度開催される、ARTSCRAFT静岡が主催するイベント『Village』。

4回目の今年も園内にある梅御殿にて夕顔さんによる『茶屋 夕顔』が開かれました。

茶屋では、第1回目は豆かんを提供し、第2回目では野菜を盛付けるワークショップを開き、第3回目は冷茶漬けをご用意しました。

そして、今年は茶席を開きました。

夕顔さんが求める香味を静岡に店を構える茶屋すずわさん が茶を選定し仕上げた茶、『月花蜜』のお披露目となる会。

私は茶屋ではこれで3度目となるお手伝いとして参加しました。

 

 

茶席は梅御殿の2階で行われます。

受付を済ませた参加者が2階へ上がり、長い廊下を進む足音が聞こえてきます。

「お客様が入られます」と夕顔さんに声をかけると

「はい」とご自分の席で手元に目を落とながら短く返事をされた。

ぐっと集中しているのが伝わってきます。

 

 

 

 

 

参加者は部屋に入ると「わぁ…」と見渡して足が進まなくなります。

年を重ねた日本家屋の懐かしさ、畳の香り、窓の外に広がる気持ちの良い庭の緑。

この日だけに用意された特別な茶席で夕顔さんが出迎えます。

 

 

 

 

挨拶を済ませ、月花蜜を淹れます。

この茶席のために11名の作家の茶杯と2名の作家の急須が用意されました。

今回は茶の水色(すいしょく/淹れた茶の色)がわかる色合いで作られました。

中には、今回の『月花蜜』の茶からイメージされてつくられた茶杯もあります。

お盆に載せられた様々な形の茶杯が登場したとき、参加者が驚きと感激で目を見合わせていました。

 

 

一煎目を80度のお湯で淹れます。

急須の蓋を親指で抑えながら両手にそれぞれ急須を持ち、同時に片口へお茶を注ぎます。急須はとても熱くなっているのにすごい。裏にいる私も驚きました。

皆が夕顔さんの手元に集中しています。

お茶がこぽこぽこぽ…と静かに注がれる音だけがします。

片口から茶杯へ注がれ、参加者のもとへ作家名を紹介しながら配られました。

 

 

最初に驚くのは香りでしょう。

口に茶杯を近づけただけで甘い香りがします。

月花蜜の香りはマスカットに例えられることがあるといいます。

少しずつ口に含んでゆっくりと味わい感想を述べ合う参加者。

皆が茶に向き合っている時間です。

 

 

二煎目は、90度〜95度のお湯で淹れます。

蒸らしている時間もお茶のことや、茶杯を作った作家のことなど、会ごとに変わる参加者たちと場の雰囲気に合わせて夕顔さんは話をしていました。

二煎目が注がれると「さっきと色が変わった」とか「香りが変わった」などと参加者たちが感想を言い合います。

月花蜜は日本茶で、中国茶の要素(香り)と日本茶の要素(風味・甘味)を表わしています。

高い温度で淹れることで特に中国茶の要素が引き立ち、香り高い二煎目となります。

 

普段、一煎目と二煎目の違いを味わい、感じながら飲むことはあるだろうか…。

みなさんの感想を聞きながら、そういったことを振り返りました。

 

 

 

 

最後に菓子を頂きます。

初物のメロンをジャムにし、練りこんで作られた『メロンの雁月 青大豆の蜜煮』。

雁月は東北地方で蒸して作られる素朴なお菓子です。

裏方で切れ端を頂きましたが、優しい甘味のお菓子でした。

夕顔さん曰く、料理と菓子を作ることは別物らしいのです。

青大豆の蜜煮は、料理の要素があるけれど菓子である雁月はいつもと違う作業であって難しさを感じているそう。

素人の私にはその違いはわかりませんが、そういうものなのですね…。

 

 

 

 

茶席は、1日に朝の9時半から15時までの4回行われました。

鳥の歌声があちこちから聞こえる朝の会。

時間が経つにつれ、部屋にだんだんと光が入り、やがて庭の緑が色濃く反射し、部屋の中が鮮やかな緑色になっていきます。

(メロンの雁月と青大豆の密煮は、この緑色の光に包まれる部屋をイメージされたそうです)

気持ちの良い風が入り、風鈴の音が耳に心地よい。

 

 

茶席に参加した方から、「会が終わったあとに皆満ち足りた表情をしている」と嬉しい感想を頂きました。

お茶を淹れることは、自然と時間の流れがゆっくりとなります。

お湯の温度を調整し、蒸らす時間をとり、静かに急須を傾けて淹れる。

現代のスピードにすこし疲れたら、お茶を淹れることでいつでも戻れる。

それは、お茶と急須とお湯といつもよりすこし丁寧に淹れさえすればいつでもできることなんですね。

 

 

今回は、新茶時期真っ只中で茶屋すずわさんが残念ながら居られませんでしたが、次回茶席が開かれたときはお二人の並んだところが見てみたいものです。

 

五味五感ふりかえり 2

 


益子に行ったことを知ってる人から
「どうだった?」
と、聞かれると開口イチバンに
「雪が降って!とにかく寒かった!」
と答えていた。
寒波で益子にしては珍しく降り積もった雪に静岡に住んでいる私は心踊った。
しかし、宿泊先で朝方部屋の中で息が白いのには慄いた。

食事会の写真撮影をしてくださった
大野写真研究室の大野仁志さん
同じく静岡から来て下さり、この寒さに非常に驚いていた。
互いに、いつもは特段感じない静岡の暖かさを思った…。

 


大野さんのことをご存知の方ならわかると思うが、
背がとても高くて(180儖幣紊△襦)
笑顔がピカピカで、どこで見かけてもきっと気がつく、
明るいオーラの存在感のある方だ。

 


けれど、撮影に入るとフッと気配を消す。
2時間ほどの食事会の最中、
ほとんど大野さんの姿を追わない自分がいたことに気づく。
コソコソしている訳ではない。
ただ気配を消す、ということでも、
あんなに大きな身体とピカピカオーラを持っていながらそれが出来るなんて。

 


たまに、「あっ、今度はあの角度からか」
と、気づくことはあっても、
ほぼ、何も気にしないで自分の役割に徹することができる。
「私、この位置にいると邪魔かな?」
と考えることがなかった。
それが、とても楽だった。

 

 

 


自分の気配を消すこと。
大野さんがカメラを向けられる人の気持ちを大切に考え
会得した技術のひとつなのだと思う。
出来上がった写真は、誰もカメラを気に留めていない
食事会の美しい時間が切り取られていた。


 

・・・・・


○五味五感食事会 ルポルタージュは、

こちらからお読みできます → 


写真:大野写真研究室

 

盆栽の治療へ

 

あけましておめでとうございます。

あっという間に1月も後半に。

 

さむーかった、先週末に奈良の塩津研究所さんへ

 


 

 

 

目的は、盆栽の治療。

西洋鎌柄のみきちゃん (盆栽の名前/"美しい樹"のみきちゃん)
にちょっと気になることがあり…。

みきちゃんは、塩津植物研究所さんの「植物の処方箋」という、
カウンセリングを元にぴったりな盆栽を選んで頂く企画で我が家に来ました。
(企画は昨年10月に大阪のトモダチノ家さん で行われました 

そのときの記事はこちら→ )

奈良の塩津さんのお店には、たくさんの盆栽はもちろん、
作家さんが作られた鉢や道具の販売、
私のように治療が受けられてお話できる小屋があります。

私の心配していたことは大したことなかったのですが、
それよりも強風で倒れたときに幹がダメージを受けていたよう。
がーん。全然気づかなかった。

 

冬に葉を落とす落葉樹のみきちゃんは、

今のこの季節は仮死状態というか、眠っているようです。
(みきちゃん、眠ってるの⁈)

眠っている間の事故だったからまだ成長に影響は少ないから良かったとのこと。
それを聞いてホッとしました。
ダメージ部分の剪定と土や苔の調整していただきました。

 

 

 


治療の間も、近所のおばちゃんや紹介されて来た若い方が遊びに来たり、
この日は、浅草から来られる予約も入っていたそう。

 

 

 


塩津夫妻と楽しい時間を過ごせました。
次は暖かくなってから遊びに行きたいです。
ありがとうございました!

 

 

〇おまけ

 

 


最寄り駅の周りはお米屋さんや蔵が多い。
米澤なので、「米」の文字が気になって…。
ヨネダさんのお米屋さんっていいな。

 


川の名前の読み方は「よねがわ」でした。
なんだかこの土地には縁がありそう⁈

2018年、ありがとうございました!

残すところ、2018年もあと1日。

今年は、Re:common wordを2紙発行しました。

 

 

4月にvol.1 aei 桑山明美さん。(*配布終了)

 

 

 

 

10月にvol.2 金城貴史さん

 

 

 

あれ、vol.1って今年出したんだっけ…?去年だっけ?

と時間軸がおかしくなるほど濃密な1年でした。

(実は、今でもときどき今年発行したのかわからなくなります…。)

 

 

 

 

 

この2紙は、ほんとうにほんとうにかわいくてしかたがありません。

このデザインとフォント、紙としての存在感。

いつも、どきどきしながら設置をお願いしにいきますが

Re:common wordを差し出すときは、

自慢のかわいい我が子をお見せするような気持ちです。

サイフォングラフィカの宮下さん

愛らしく作って頂いてありがとうございます。

 

 

以前にも書いたかと思いますが、

こんなにも応援が力になると実感したことはありませんでした。

インタビューをさせて頂いた桑山さん、金城さんを始め、

次を期待してくれるみなさん、

協力してくださる方々のお陰でこの2紙を発行することができました。

 

期待がプレッシャーになってしまうときはどんな時か…。

考えてみると、

「〇〇できなかったら、幸せになれない」

というような恐れがあるときかなと思いました。

 

Re:common wordの発行を考えていたときは、

やりたいなら、やれる方法でやるしかない、

とにかく、やることしか考えていませんでした。

 

 

当初は数人分のインタビューを集めた冊子を作って販売したいと考えていましたが、

自分が無理なくコンスタントにインタビューを発表する形を模索した結果、

1号につき1名のインタビューをフリーペーパーとして発行していくことになりました。

 

今だから言えますが、

これが他人から受け入れられるのか?面白いのか?

この形で作家さんの役に立てるのか?

目指す形が変わったことで、とても悩みました。

 

そして、発行後にとある方から

「1号につき1名だけのインタビューなんて、すごく面白いですね」

と、言って頂いて初めてRe:common wordはこれでいいんだと思えました。

それから、フリーペーパーの形にしたことで

作家さんの役に立てたことを実感することが何度もありました。

今では、胸を張ってこれを特色であることを他人に話すことができます。

 

 

発行した際にまわりの先輩方から

「長いスパンでこれからのことを考えて発行したほうがいい」と

何人かにアドバイスを頂いていました。

 

私は、0を1にすること、

そして1を2に積み上げることに集中していて

この先のことをしっかりと考えられていませんでした。

 

そして、いよいよ目標ができました。

まずは5年後、vol.10を見据えて、私のペースで進んでいきます。

 

 

今年1年ありがとうございました。

来年もRe:common wordをよろしくお願いいたします。

 

 

・・・・・・

 

Re:common word vol.2

木工作家の金城貴史さんのインタビュー号が発行されました。

 

設置店さまはこちらの記事に随時更新中 → 

 

郵送をご希望の方は、お名前ご住所を明記の上、

お気軽にこちらからお問い合わせください。

vol.2 京都・大阪の設置店さまが増えました◎

先週末に訪れた関西。

京都がとにかく寒かった…!

特別に寒い日だったようですが体感としては、静岡の2月並みだと思う。

きゃー!

 

そしてもっと信じられないのは、

この滞在中に設置店さまの写真を撮らせて頂くつもりが

夕飯に食べたサラダの写真しか撮ってないという…。

(京都に訪れるときには必ず行く西富屋コロッケ店さん

あまおうとモッツァレラのサラダが美しくて〜)

 

でも、久しぶりに大好きなお店に行ったら

夢中でお店を見て、美味しいもの食べて、

夢中でお店の方とおしゃべりしますよね。

夢の中にいたらもう、余計なこと考えられないですよね…。

と、いう言い訳とともにお店の写真の代わりに、

私の買い物をご紹介します。

まずは、京都のお店3件です。

 

 

 

MEMEMEさん。

モーニングから楽しめるカフェです。

スクランブルエッグがたのしめるプレート『Welcome to the day』は、

スクランブルエッグってこんなに美味しいものなんだ…と、概念が変わる美味しさ!

お店には店主が海外で買い付ける古いものもあり、

とくにアクセサリーが私の好み!

1日目に見たネックレスが忘れられなくて次の日お買い上げ。

 

 

 

 

 

誠光社さん で買った本。

ずっと気になってて、これからじっくり読みたい。

本は手にとって選びたいから、静岡では手に入りにくい本を

旅行先で出会えると嬉しい。

そして、ここならきっとそういう本に出会えると思える本屋さんが

自分にあることはとても幸福なこと。

 

 

 

 

古いものを取り扱う民の物さん で買ったフランス製のスプーン。

とても小さいこのスプーンは、食卓でそれぞれが

料理の味付けをする習慣から使われていたそう。

瓶詰めのドレッシングをティースプーンを使ってかけていて、

なんだかな〜と思ってたところに良い出会い◎

Recommon word vol.2の表紙左上の花模様の

お皿は民の物さんで購入したものです!

 

 

 

大阪のトモダチノ家さんで購入した便箋とポストカード。

Recommon wordを発行してから手紙を書く機会が増えたので、

かわいい便箋を見つけたら買うようにしています。

ポストカードは、現在展示会を開催している枯白さん の作品。

主に家具や暮らしまわりのものを幅広く製作されています。

このセーターの絵は切り絵が印刷されたものです!

柔らかなセーターの質感が伝わってくる細かな作品。

展示会は24日まで。

 

作り手のことを様々なアプローチと言葉で伝え、繋げていくお店です。

手段は違えど、目指すことが同じ方向の方がいることは

とても心強い、と勝手に思います。

 

 

滞在中は時間があっという間。

楽しかったなー

また行きたいなー

と、にやにやしながら思い出して、

また次のvol.3を持っていけるように進めていこうと思います。

設置店のみなさまありがとうございました。

 

 

・・・・・・

 

Re:common word vol.2

木工作家の金城貴史さんのインタビュー号が発行されました。

 

設置店さまはこちらの記事に随時更新中 → 

 

郵送をご希望の方は、お名前ご住所を明記の上、

お気軽にこちらからお問い合わせください。