スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

茶屋 夕顔。〈月花蜜の茶席〉

三島市の楽寿園で年に一度開催される、ARTSCRAFT静岡が主催するイベント『Village』。

4回目の今年も園内にある梅御殿にて夕顔さんによる『茶屋 夕顔』が開かれました。

茶屋では、第1回目は豆かんを提供し、第2回目では野菜を盛付けるワークショップを開き、第3回目は冷茶漬けをご用意しました。

そして、今年は茶席を開きました。

夕顔さんが求める香味を静岡に店を構える茶屋すずわさん が茶を選定し仕上げた茶、『月花蜜』のお披露目となる会。

私は茶屋ではこれで3度目となるお手伝いとして参加しました。

 

 

茶席は梅御殿の2階で行われます。

受付を済ませた参加者が2階へ上がり、長い廊下を進む足音が聞こえてきます。

「お客様が入られます」と夕顔さんに声をかけると

「はい」とご自分の席で手元に目を落とながら短く返事をされた。

ぐっと集中しているのが伝わってきます。

 

 

 

 

 

参加者は部屋に入ると「わぁ…」と見渡して足が進まなくなります。

年を重ねた日本家屋の懐かしさ、畳の香り、窓の外に広がる気持ちの良い庭の緑。

この日だけに用意された特別な茶席で夕顔さんが出迎えます。

 

 

 

 

挨拶を済ませ、月花蜜を淹れます。

この茶席のために11名の作家の茶杯と2名の作家の急須が用意されました。

今回は茶の水色(すいしょく/淹れた茶の色)がわかる色合いで作られました。

中には、今回の『月花蜜』の茶からイメージされてつくられた茶杯もあります。

お盆に載せられた様々な形の茶杯が登場したとき、参加者が驚きと感激で目を見合わせていました。

 

 

一煎目を80度のお湯で淹れます。

急須の蓋を親指で抑えながら両手にそれぞれ急須を持ち、同時に片口へお茶を注ぎます。急須はとても熱くなっているのにすごい。裏にいる私も驚きました。

皆が夕顔さんの手元に集中しています。

お茶がこぽこぽこぽ…と静かに注がれる音だけがします。

片口から茶杯へ注がれ、参加者のもとへ作家名を紹介しながら配られました。

 

 

最初に驚くのは香りでしょう。

口に茶杯を近づけただけで甘い香りがします。

月花蜜の香りはマスカットに例えられることがあるといいます。

少しずつ口に含んでゆっくりと味わい感想を述べ合う参加者。

皆が茶に向き合っている時間です。

 

 

二煎目は、90度〜95度のお湯で淹れます。

蒸らしている時間もお茶のことや、茶杯を作った作家のことなど、会ごとに変わる参加者たちと場の雰囲気に合わせて夕顔さんは話をしていました。

二煎目が注がれると「さっきと色が変わった」とか「香りが変わった」などと参加者たちが感想を言い合います。

月花蜜は日本茶で、中国茶の要素(香り)と日本茶の要素(風味・甘味)を表わしています。

高い温度で淹れることで特に中国茶の要素が引き立ち、香り高い二煎目となります。

 

普段、一煎目と二煎目の違いを味わい、感じながら飲むことはあるだろうか…。

みなさんの感想を聞きながら、そういったことを振り返りました。

 

 

 

 

最後に菓子を頂きます。

初物のメロンをジャムにし、練りこんで作られた『メロンの雁月 青大豆の蜜煮』。

雁月は東北地方で蒸して作られる素朴なお菓子です。

裏方で切れ端を頂きましたが、優しい甘味のお菓子でした。

夕顔さん曰く、料理と菓子を作ることは別物らしいのです。

青大豆の蜜煮は、料理の要素があるけれど菓子である雁月はいつもと違う作業であって難しさを感じているそう。

素人の私にはその違いはわかりませんが、そういうものなのですね…。

 

 

 

 

茶席は、1日に朝の9時半から15時までの4回行われました。

鳥の歌声があちこちから聞こえる朝の会。

時間が経つにつれ、部屋にだんだんと光が入り、やがて庭の緑が色濃く反射し、部屋の中が鮮やかな緑色になっていきます。

(メロンの雁月と青大豆の密煮は、この緑色の光に包まれる部屋をイメージされたそうです)

気持ちの良い風が入り、風鈴の音が耳に心地よい。

 

 

茶席に参加した方から、「会が終わったあとに皆満ち足りた表情をしている」と嬉しい感想を頂きました。

お茶を淹れることは、自然と時間の流れがゆっくりとなります。

お湯の温度を調整し、蒸らす時間をとり、静かに急須を傾けて淹れる。

現代のスピードにすこし疲れたら、お茶を淹れることでいつでも戻れる。

それは、お茶と急須とお湯といつもよりすこし丁寧に淹れさえすればいつでもできることなんですね。

 

 

今回は、新茶時期真っ只中で茶屋すずわさんが残念ながら居られませんでしたが、次回茶席が開かれたときはお二人の並んだところが見てみたいものです。

 

五味五感ふりかえり 最終回

今回は、7年前の五味五感展をふりかえります。

 

・・・・・

 

2011年に開催された第1回目の『五味五感展』に私は足を運んでいました。

その日、東京に住んでいた友人と雑司が谷手創り市に遊びに来ていました。

当時、ARTS&CRAFT静岡のスタッフになりたいなーと思っており、

スタッフ面接に応募し、面接を控えていたような記憶があります。

池袋で手創り市の人が企画展をやっているらしいと、

『五味五感展』の会場のブックギャラリーポポタムさん へ行きました。

絵本がぎっしりある店内に作家さんの作品が並んでいました。

奥のギャラリースペースには、山口洋佑さん の料理の絵が飾られていました。

どうやらここで、夕顔さん という方が甘味を振る舞うイベントを開催したことを知りました。

私が訪れたのは、最終日のようでした。

「甘味、食べてみたかったねー」と友人と会場を後にしました。

本屋にあんな展示会があるなんて、さすが東京。

初めて見た展示会に、私の脳は、情報処理が追いつきませんでした。

 

 

それから約1週間後にARTS&CRAFT静岡のスタッフ面接を某喫茶店で受けました。

「五味五感展行きました」と伝えたら、

良く言うとクールに振る舞っていた名倉さんの口角が少し上がったのを見逃しませんでした。

そのおかげもあってか(?)無事にスタッフになりました。

実はそのとき別の席にイベントのために静岡に来ていた夕顔さんがいたのでした。

後から、あの人が夕顔さんだったんだと知りました。

 

 

 

 

スタッフになってからは、これまでと生活が180度変わりました。

今までぼーっと生きてきた私が夢中になれることを見つけたからです。

作家さんの役に立てることがとても嬉しかった。

たくさんの人が自分のやりたいことに向かっていることを目の当たりにして、

私も自分のやりたいこと、書くことをやっていこうと、2015年にスタッフを卒業しました。

 

その後、藤間さんが静岡でイベント出展する際にお手伝いをさせて頂くようになりました。

2017年には、夕顔さんと青木隼人さんの食事会『言葉からひろがる/如月の後記を書かせていただきました。

 

それから、月日が流れ、五味五感展の第2回目に携わることになるなんて。

7年前から今までのこと思い出しながら、信じられない気持ちでもありました。

 

 

 

 

若造の私に対等に接し、スタッフの仕事も遊びの類も様々なことを教えてくだった名倉さん。

スタッフを卒業した後にライターとして仕事を下さいました。

プロの意識と自分の軸を持ち続けることを教えて下さった藤間さん。

振り返ると、私の転機となった重要な出来事にはいつもお二人がいました。

そんなお二人の大事な企画のルポを書けたことは私の誇りです。

 

 

ルポを書くことが決まってからこうして7年前のことを何度も思い返しました。

「2回目の『五味五感展』でね、私ルポを書くんだよ」と

7年前、ポポタムさんで展示を見ている自分の耳元で、

現在の私が囁く、という想像を何度もしました。

想像の中の7年前の私はキョトンとしていました。

そりゃそうだ。

これから先も想像もしないような嬉しいことがあるんだろうか。

今、私の耳元で囁いている何年後かの自分がいるのかもしれない。

 

 

 

・・・

(そして、東京食事会に参加した際に7年前にポポタムさんに一緒に行った友人と行っていたのでした…

誘ったときは気づかず、会場に行って思い出した!こんなことあるんだな。)

 

 

○五味五感 食事会ルポルタージュは、

こちらリンクからお読み頂けます → 

写真:大野写真研究室

 

五味五感 ふりかえり 3

五味五感のルポルタージュを書くため
1月に開かれた東京会場のnice things.さん で料理を頂いた。
ルポルタージュを書くこと、お手伝いに行くことは内緒にして、
誕生日が近かった友人をお祝いに誘った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


特に、結びの茶が振舞われたときが印象深い。
その様子は、ルポルタージュに詳しいが、
茶屋すずわさんは夕顔さんとこれからお茶の印象を何度も塗り替えていくのだと思う。
とてもわくわくする。

 


目の前で盛り付けをし、
漂ってくる香りから料理を想像する。
口に入れて「わあ」と参加者が同じタイミングで歓声が上がる。
ひと皿、ひと皿、そのパフォーマンスと美味しさに感激しっぱなしで、

食事会が終わる頃には、参加者みんながにこにこ、お腹も心も満たされていた。

 


その一方で、
こんなに素晴らしい時間を言語化出来るのか、
お手伝いとしてお役に立てるのか…心配になった。
食事会が終わってルポルタージュとお手伝いをする旨を友人に話すと
「え…、ヨネ大丈夫?」と言われた。そう思うよね。

 


(そうそう!nice things.さんのスタッフさんの梱包が丁寧且つものすごく早くて感動したのだった)
(くるくるくる!テープピタッ)

 


益子の食事会1日目。
寒さではなく、緊張で震えが止まらなかった。
私は主にお料理のサーブと食事が済んだお皿を下げる仕事。
その間に次のお皿を用意したり、お湯を沸かしたり、お冷を注いだり、
エトセトラ、エトセトラ…。
進行表で確認ばかりしながらなんとか1日目をこなした。
無事に終わってホッとした。

 


そして、気づいた。
ルポルタージュのための、
食事会参加者の様子を何も見れなかった…。まずい…。
2日目は、少し余裕を持って俯瞰して全体を見渡して
インプットした。

 


本当は、夕顔さん と名倉さんにインタビューをしようかとも考えたが

食事会のお手伝いでそれどころではなかった。
私が益子に滞在中、意識的にライターになって会場にいたのは2日目の食事会の最中だけだった。
大丈夫か…?
全く構成が浮かばない。

 


益子から帰る日、3人でカレーを食べに行った。
3人ともすごく眠くて何も考えられないなか、とりあえず締切やざっくりした方向性を確認した。
その後、真岡鐵道の駅まで送ってもらった。
すぐに電車が来て急いで乗りこんだ。
念のために持ってきたルーズリーフを取り出す。
まだなにも記されていない。
ボールペンの芯を出したのがスイッチとなったかのように、ペンが止まらなくなった。
やっとライターになった。

 


ルポルタージュは、
参加者の目線、俯瞰して全体を見る目線と、視点の切り替えが交わる構成になった。
読みやすいのか?

読みにくいのか?
実験的な新たな書き方が生まれた。

 


こんな"体験型"の記事を書かせてもらえる機会はそうそうないだろうと思う。

 


よっぽどお手伝いが緊張していたようで、
静岡に帰ってからも
「用意するお皿を間違えてはいけない!」

と緊張感ある食事会の夢を見た。
ハッと目が覚めて心底ほっとした。
私はやっぱり裏方でライターやっているのが性に合う。

 

 


○五味五感 食事会ルポルタージュは、

こちらリンクからお読み頂けます → 

写真:大野写真研究室