スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

縁のあるお店。

先日、東京に行ってきました。

この日東京がめちゃめちゃ寒くて…!

この冬初のファー付きのコートを着ていきました。

静岡にいるとわかりませんが、

県外に出ると暖かいんだなとわかります。

 

Re:common word の設置店さまへ伺いました。

 

 

奥沢駅からすぐの「oku」(オク)さん。

 

 

 

 

 

 

2ヶ月ほど前に、

まだ工事中だったときに伺っていました。
11月15日にオープンし、とっても素敵なお店に。

 

Re:common wordは、

vol.1のaei 桑山明美さんとvol.2の金城貴史さんの号を置かせていただきました。

(vol.1の配布はokuさんで最後となります)

 

 

 

 

aeiさんの作品を取り扱っているokuさん。

なんと、vol.1の表紙の『紙吹雪の舞』のネックレスと

『窓越しにビスケットを食べる』のピアスがお店にありました!

やっぱりかわいいなぁ…。

 

Re:common wordを見てaeiさんの作品手に取って見てみたい方もいらっしゃるのでは?

ぜひ、okuさんへ遊びにいってみてください◎

 

*上記の作品をお求めの方は事前にokuさんへお問い合わせをおすすめします。

 

oku (オク)

東京都世田谷区奥沢4-26-1
奥沢駅 徒歩2分
自由が丘駅 徒歩10分

 

・・・

 

続いてokuさんから歩いてから10分ほど

今夏にオープンした北欧のヴィンテージ家具を扱う「ihallande」(イホランデ)さんへ。

 

 

 

店主の小松さんは、ご自身の北欧で買い付けをしたヴィンテージ家具をリペアし販売しています。

また、オリジナルの家具をデザインされ、

その家具にぴったりのクッションを布団の職人さんとコラボされて作られたり、

うつわや絵などもたのしめる

”ihallandeさんならでは”の良いものがあるお店です。

 

ihallandeさんは、12月1日〜9日まで金城貴史さんの個展が開かれます。

12月1日・2日は金城さんも在廊されます。

(お店で製作実演があるかも!?)

 

今回は、この個展のご縁があって、Re:common wordを置いて頂くことになりました。

ちょうど私が金城さんのインタビュー号を発行したときに

ihallandeさんでは(初めての展示会!)金城さんの個展を開き…

私は勝手に、ものすごくご縁を感じています。

 

 

小松さんが金城さんの工房へ伺った記事がアップされています。

(Re:common word持っている方は片手に持って見ていただきたい!)

記事はこちら→ 

 

 

金城さんのインタビューを読んで作品を手に取ってみたい、と

感想を頂くことがよくありまして、

この個展でみなさんに作品を見ていただけたら嬉しいです。

 

 

ihallande (イホランデ)

住所:世田谷区東玉川2-37-7
田園調布駅徒歩5分
自由が丘駅徒歩15分

 

Takashi Kinjo Exhibition
at ihållande

2018.12.1 Sat ~ 12.9 Sun / close 12.5 Wed

 

・・・・・

 

okuさんとihallandeさん。

それぞれaeiさんと金城さんとご縁のあるお店。

つまり、Re:common wordともご縁のあるお店だったなーと

伺ったあとにふと気がつきました。

 

Re:common wordスタンプラリーとかできないかしら…

でも、差し上げるものがない…と、

ふわふわ考えながら帰路につきました。

 

 

 

・・・・・・

 

Re:common word vol.2

木工作家の金城貴史さんのインタビュー号が発行されました。

 

設置店さまはこちらの記事に随時更新中 → 

 

郵送をご希望の方は、お名前ご住所を明記の上、

お気軽にこちらからお問い合わせください。

 

 

くらしのこと市

12月8日・9日は、くらしのこと市(略して、くらこと)が開催されます。

スタッフを卒業してから4年ぶりに(!)、

今年はスタッフとして参加することになりました。

 

これまでとは会場が異なり、

ARTS&CRAFT静岡と同じ護国神社での開催となります。

(*初日は10時スタートです。お間違えないようお願いします。)

(*前回までと同様に、会計ブースが設置されます。)

 

 

昨日は、全体シュミレーションが行われました。

くらことでは、スタッフによるカフェが開かれます。

作家さんのうつわに盛り付けれます。

私が護国神社に到着する頃には、

作家さんのうつわに盛り付けられた料理撮影が進行中。

 

 

日差しが強くなってきて、

影をつくるスタッフSさん…。健気…。

 

 

 

 

撮影が終了し、

スタッフそれぞれが盛り付けて欲しいうつわを選んで試食会。

右のお二人、お気に入りのうつわをつい包んじゃうのわかるな〜。

 

 

 

 

 

私は村上祐仁さんのうつわで頂きました。

上から見ると、黒い釉薬が光の加減できらきらときれいで一目惚れ。

そしてフォルムが美しい…。

ひとつ前の写真の手前の側面が白いうつわです。

 

 

今回のカフェメニューは「ルーロー麺」。

台湾の伝統料理「ルーロー飯」の麺バージョンです。

私は、ルーロー飯自体食べたことがなかったし、

聞いたこともなかったので、

今日まで写真だけの情報で、

一体どうやって食べるものなんだろう??と。

 

こちら、まぜまぜしながら頂きます。

麺とタレが絡みあうと、もう…!

この麺も、タレとの絡みが良いものを厳選しているようです。

ほほー!こだわっておりますな。

 

食べながら、ルーロー麺を出してくれる屋台があれば通うのにな〜

カフェスタッフ、始めてくれればいいのに…。

と考えていました。

 

2日間限定ですが、ルーロー麺がいただけます。

今回は事前予約制です。

これで、慌てて行かなくてもokですね◎

 

予約はこちらをご覧下さい → 

 

くらしのこと市もあと1ヶ月を切りました。

只今、出展作家さんのリレーブログ「ふゆの暮らし。食卓。」を連載中です。

こちらも合わせてどうぞ! → 

 

ぜひ、ぜひ遊びに来てくださいね!

 

 

 

 

くらしのこと市

会期:2018年12月8日(土曜)、9日(日曜)

時間:10:00 〜 16:00(8日)

    9 :00 〜 16:00(9日)
開場:静岡縣護国神社

くらしのこと市とは、
静岡縣護国神社にて行われるARTS&CRAFT静岡主催のうつわを中心とした市。
日々の食卓を彩るうつわのつくり手が集い、使い手と繋がることで、今よりも少しだけ良い毎日が交差する。
うつわのつくり手を中心に、暮らしを彩る道具、素材にこだわった食品を提供するお店も参加を致します。
(年一回開催予定)

 

 

・・・・・・

 

Re:common word vol.2

木工作家の金城貴史さんのインタビュー号が発行されました。

 

設置店さまはこちらの記事に随時更新中 → 

 

郵送をご希望の方は、お名前ご住所を明記の上、

お気軽にこちらからお問い合わせください。

長野へ

 

 

先週末に、長野県へひとり、車で行ってきました。

長野へは、4年くらい前にクラフトフェアまつもとへ行った以来。

当時は、全く運転しなかったけれど、まあどうにかなるでしょ〜と出発。

山道が大変でしたが、長野の山は紅葉していてとてもきれいで

「わー!!!」と何回もひとり感激していました。

静岡とは山の形がなんとなく違います。

長野は鋭角がたくさん連なっていて、さすがアルプス(?)というかんじ。

 

 

 

 

高速道路のSAのすぐ下には林檎畑!さすが、長野!!と、

いちいち感激しました。

(初めて静岡に来た人がたくさんの茶畑を見て、

さすが静岡!という感じでしょうか…。)

 

 

 

さて、つらつらと1泊2日の長野旅行を綴ります。

まずは、佐久市にあるYUSHI CAFE さんへ

 

 

 

 

住宅街にあるお店は民家を改装したようです。

広い店内には、ソファ席などもありますが、

写真右側にもわかるようにご近所の方がふらりと訪れて

店主を囲んでおしゃべりするような、とても良い雰囲気でした。

ご近所さんが羨ましい。

 

 

 

そして、ここから1時間ぐいぐい長野県の上の方へ向かいます。

長野市のna-na分室さんへ。

 

今回の目的の1つ、『星とニット』でご協力いただいたbergさん

樹脂を用いたアクセサリー作家のjouer avec moa?さんの展示会へ。

(展示会は11月4日まで)

 

 

 

 

 

 

bergさんは、お久しぶりな展示なので、

(わたしをはじめ、)bergファンが長野へ集結しておりました…!

東京から来たかたも!!わお。

 

アクセサリーを作っておられるjouer avec moa?の鈴木さんとは初めましてだったのですが、

製作のお話を聞いてとても面白かったです。

写真は、11月まで受注販売をしているカーテンコール」という

コレクションの透明感のあるアクセサリーたち。

樹脂の中には、花びらが入っていたりそれぞれパーツごとに表情が異なります。

パーツを一通り作ったあとに、ジュエリーのデザインを考えるそうですが、

デザイン画は描かず、パーツを組み合わせながら決めていくそう。

素敵なネックレスを予約し、出来上がるのが楽しみです!

 

 

 

夜が更け、松本市の本屋さん栞日さん へ。

 

 

 

 

この秋から新たな試みで、営業時間を延長しお酒の提供を始めていました。

ジンソーダの「桜尾」をいただきました。

このグラスとてもよいな…。

 

ロングドライブで眠くなってしまったので、

本を見るのは次の日にしました。

 

 

 

 

 

 

 

朝8時頃から開いている本屋さんなんてうれしい。

ドーナツや、スコーンをモーニングでいただけます。

(カレーもありました。そして、早々に完売していました)

こちらもうつわがとてもいいな…。

 

本が並んでいる2階でも席があって本を読みながらお茶をたのしめる。

レジが1階にあるので、お店の人の気配は感じず、

本に集中できる環境が作られているのが驚きでした。

 

栞日さんは、ずーっと行きたかったお店。

近所にあったら嬉しいな…。

 

栞日さんにRe:common wordを置いてくださいました。

クラフトが身近な松本市に置いていただけるのはとてもうれしいこと。

 

 

 

 

次は、駒ヶ根に移動。

駒ヶ根インターからすぐのトオクさん へ。

 

 

 

 

 

以前は、東京でCo.&Kokoroneの名前で靴を製作されていた室根さんが

駒ヶ根市で「トオク」というお店を始めました。
お店では靴の他、靴下や作家さんのうつわ、古書などを取り扱っています。
12月には、ARTS&CRAFT静岡の企画「マグとわたし」の巡回展で展示されます。

店主の室根さんとは、
私が冷えとり健康法を実践していて

靴下の重ねばきをすると履きたい靴がなくて困っていたときに

相談をして靴を作って頂いたことがきっかけで、
今や色々話を聞いてもらっております。
私にとって、長野のお兄ちゃんです。

今回も、うにゃうにゃ相談をして聞いてもらったら、
元気もりもりになりました!

 

 

 

 

 

トオクさんでRe:common wordを置いて頂きました。

ありがとうございます!

 

 

駒ヶ根の名物は、ソースカツ丼。

帰り道のSAで信州そばとソースカツ丼のミニセットを食べまして

とってもおいしかったです。

SAだから期待していなかったんですけど…恐れ入りました。

駒ヶ根に行った際はぜひ!

 

 

長野の方にRe:common wordを読んで頂けたらうれしいです。

どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

・・・・・

 

 

Re:common word vol.2

木工作家の金城貴史さんのインタビュー号が発行されました。

 

設置店さまはこちらの記事に随時更新中 → 

 

郵送をご希望の方は、お名前ご住所を明記の上、

お気軽にこちらからお問い合わせください。